2013年10月16日

そういう暮らし

昔、よく浮浪者が
空き地の土管に寝ている漫画がありましたが、
そういう暮らしをしたいとおっしゃるのですね?

はい、そうです。
そういう暮らしをしたいのです。

//////

これは大工との会話。
で、そういう暮らしをすると、どうなるか?だが、
やたら食欲が増す。

連日120%食べる。
腹八分と思いつつも、4割増し。
どうなるか?

眠い、
毎日眠い。





posted by あがわい at 00:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

第19回クロコダイル朗読会「漂泊する声、ポエジーの港」

朗読会のお知らせです。
第19回クロコダイル朗読会「漂泊する声、ポエジーの港」
roudoku_19.png

出演
詩:石川厚志
音楽:清水悠(ギター)

詩:森本孝徳

詩:八潮れん、オルファ・ベルーマ(仏語朗読)
音楽:マルコス・フェルナンデス(パーカッション)

詩:渡辺めぐみ

詩:阿賀猥
舞踏:十亀脩之介、ゴールデン鈴木、吉田ゆき子、湖上聡史

詩:浜江順子

詩:有働薫

トーク:池井昌樹、佐川亜紀、石田瑞穂

詩:石田瑞穂
音楽:石井草実(エレクトリック・ギター)

詩:佐川亜紀
詩:池井昌樹

roudoku_19_map.png

10月14日 体育の日(月曜祝日)
開場:pm 12:30
開演:pm 1:00(終了:pm 3:40)

場所:クロコダイル TEL03-3499-5205
料金:2,000円(ワンドリンク付、当日券のみ)

お問い合わせ:浜江 TEL042-582-0938

後援:思潮社








posted by あがわい at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

igaigaランド その2

igaland_004.jpg
ようやくigaiga舞踏団によるigaハウスが1棟完成。
縦6.7m、横2.5m、広さは8畳強。
超現代的な空間が完成した。
ご機嫌。

コンセプトは、家ではないもの。
居ながらにして、外にいるような広がりを持った入れ物。
夏専用。
igaland_005.jpg

すでに2個、同型の仕上げで、注文問い合わせあり。
10月14日、舞踏公演の後でお受けしたい。

施工を担当してくれた舞踏団メンバーは、
十亀脩之介、潮上聡史。

わずか3日、総額19万で、補修を成功。
古びた山荘を再生させた。
圧倒的な技量で、どういう注文にも対応できる事を示した。







posted by あがわい at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

igaigaランド建設

標高1300、
白根山と浅間山の中間地帯近くに、
igaigaランドを建設しようと、
igaiga舞踏グループが出かけた。

舞踏グループは、
舞踏家・十亀脩之介と、作曲家・潮上聡。
それに雑用係の阿賀と、
防犯係のフク、テンテンコンコン、黒子、
総勢3名と3匹。

とりあえずは
敷地の一角を127mの塀でくくり、防犯体制を固めて、
この中にまず、2つのコテージを作成することになった。

敷地は6000坪、
大量の伐採材木があちこちに点在しているので
この処分のため、燃料はこれら古材。

また、ブロックや石で竈を作って、
この夏、亡くなってしまったワンワンを燃すことにした。

夜間は寒いくらいだが、
高度が高いだけに、昼間の日差しは相当に暑い。

暑い中を舞踏団はエッサエッサ。
かれらは、副業に左官屋、大工も営業。
ただ副業といっても、そこらの大工さんとは段違いの熟練工。
igaland_003.JPG
ことは近くの山荘。
界隈の建設会社や大工が280万もかけて手がけた山荘の雨漏りを
たった3日で、19万で仕上げ、古い山荘を蘇らせた。

この地の大工が高額料金で修繕したというものの、
その修繕した箇所が突風で吹き飛ばされ、家中が水浸し。
天井板まで腐ったり飛ばされたりで、見る影もなくなっていたもの。

この旧山荘は、igaigaランドからは、徒歩6キロ地点。
igaland_001.JPG
こちらは電気水道は開通、
冷蔵庫の食品も満杯なので、舞踏団の宿舎にしたが、
舞踏団はここでもigaigaランド風、
古材燃やしの野外食事に熱中。

いちいち外に食料を持ち出し、
ニワカ竈作成、ここで食事。
igaland_002.JPG
夜空の星の下、余りに快適で、
食後も陶然として火を見つめて暮らしたらしい。
いい曲が生まれるかも。

2013年10月14日、
渋谷クロコダイルで、舞踏団公演。
写真は、舞踏団メンバー潮上聡史。





 
posted by あがわい at 10:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

毛生え薬

庭のドクダミで毛生え薬を作ったら、
3日で効果抜群とか。
 
80才男性、またくれ、というが、
半年分を渡したつもりだった。
 
3日でつかいきるとは。

彼は実験台、本当は女性群が使いたいらしい。




posted by あがわい at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

10年ワカメ

この10年、三陸ワカメを食べてきた。
ところが、
近くの男性に近場、
徒歩3分の海岸で取れたワカメを
もらったら奇妙に美味しい。

犬3匹連れて海についたら、
延々とゴミの山と思ったのが、ワカメの山。

いっぺんに食欲がなくなった。
ともかくワカメを根ごと、
3株下げて、歩いてたらやたら重い。

1つずつ、道のわきの草むらに捨てて
家に到着したときは、1株だけ。

で食べたら、びっくり仰天。
信じられない美味しさ。

ワカメも野菜と同じ生もの、とれたての美味しさか?
何という10年!
極上ワカメを食べ損なってきた。




posted by あがわい at 18:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

5-18 ウグイス

2階で、バタバタと
音がするので、
戸をあけっぱなしだったかと
後で見に行ったら、
小さなウグイスを見つけた。

blog_05-18.jpg

窓に衝突して死んだのか、
傷は見当たらない。

小さなウグイスは
動きが鈍い、
何回か彼らがうっかり
死んでしまうのを
見たことがある。
posted by あがわい at 17:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

「くず」

アルツハイマーにどこまで利くのか
明確ではないのだけれど、
これは聞く気がする、体調が良くなった、と
言われるのが「くず」
面倒でそのままガリガリ食べたりもするが
ホットケーキやパンに混ぜ込んで
常時食べるようにしている。
「くず」は以下に注文したら送ってくれるが、
いっぺんに12袋、2年分くらいが届くのが難点。

(株)ユアサ
〒370ー3572 前橋市上青梨子町80-1
TEL:027-252-6147
FAX:027-252-6259

でも、京都、吉野くずよりは安価で強力。
効能ありそうな気がする。






posted by あがわい at 13:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

動画を絵本に

周辺には案外とPCを嫌う人が多く、
動画を作っても見てもらえないようなので、
代表的なカット10枚程度で、絵本を作ったら、
奇妙に愛されて、家宝にしますとまで言われた。

これはアヤラン作の動画「豆」。
豆

最近のアヤラン動画では猫姫。
これも見れないという人が多いので、
紙の本にしたいのだけれど、これは
猫姫が食べるネズミがポイント。
ネズミがいちいち洋服を来て、沢山でてくる。
元々の現代は「猫又猫七そして猫姫」。
CDは2種類もあって、どうしても
こちらは猫が主役なのをなのだけれど、
ネズミがここまでしゃしゃり出てくるのは
思いもしなかったので、ビックリした。
格安にしてハンドバッグに入れられる
程度の絵本にしたい。





posted by あがわい at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

鉄拳の本

芸人、鉄拳の紙芝居本を見かけたので購入した。
電子書籍に移行しつつあると言われる昨今だが、
紙は紙なりの別の趣でなかなかいい。

昨年急死した谷敏行さんが残した動画も
こういう形で本にできないか?

強力、ド迫力の壁画と違って奇妙にかわいい。
かわいすぎて、ほかの作品と釣り合わないのだけれど、
この落差こそが、彼の魅力だろう。
この落差をそのままに定着してはどうだろうか。








posted by あがわい at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする